アメリカ留学9年目の現役MBA学生が語る「若いうちにやるべき4つのこと」

こんにちは、ヨシマサです。このタイトルを見てくれた方の中には「何を偉そうに言ってるんだ」と思っている人も多いかもしれません。その通りです…

まだぼくは大学院生で仕事をしている訳でも経験が豊富な訳でもありませんが、14歳の時にプロゴルファーになるために、単身渡米して色々な経験をしたぼくが、ぼくなりに思う高校生やもっと前からやってれば良かったなと思う事について紹介したいと思います。

目次【アメリカ留学9年目の現役MBA学生が語る「若いうちにやるべき4つのこと」】

読書

まず1番最初にぼくがオススメするのが読書です。

読書に関しては多くの方が実践した方が良いと言っていますが、やはり読書は新しい知識や価値観を知る事ができ、自分の選択肢が広がる事に繋がるので、少しずつでも実践すると良いと思います。

ぼくも、活字を読むのが苦手でしたが少しづつでも読書をする事で段々と慣れていき今では月に数冊は本を読むようになりました。

アメリカで調査された統計では、資産が1億円以上ある人の7割以上が月に一冊は本を読むそうです。

読書をする事で成功している先人のノウハウや考え方をインプット出来る事や、読書をする事で新しい言葉を学べる事など読書には良い事が沢山あると思います。

自己投資

続いて紹介するのが自己投資をする事です。

自己投資とは、時間やお金を使って自分のスキルアップをする事です。

人気の自己投資としては英語などの言語の勉強や資格を取ったりする事です。

学生の間はバイトなどをしてお金を貯め、遊びに行ったり好きな物を買う事が多いと思いますが、学生の間で時間に余裕があるうちに自分のスキルアップに時間やお金を使うと長い目で見た時にとても役立つと思います。

社会人になってから自分で勉強しようと思っても時間が取りづらかったりするので、学生のうちに自分のスキルを磨いておくと良いと思います。

自己分析

これは特にこれから就活をする人や、自分のやりたい事が分からない人にオススメです。

自己分析とは自分と向き合い、自分の好きな事は何か、嫌いな物は何か、長所は何か、短所は何か、など自分の事を整理して理解を深める事です。

自分と向き合う事で、本当に自分がやりたい事の理解が深まり、後悔しない選択が出来るようになります。

また自分の事をもっと知る事が出来るために、就活の際の面接や人とお話しする時などにも役立ちます。

具体的な自己分析の仕方としてメモを用意して「今まで1番感動した事」「今まで1番辛かった事」「自分の信念」など様々な自問自答を答えてくと良いと思います。

お金の勉強

個人的にお金の勉強はすごく推しています。

生活していく上でお金は全ての人が関わっていく物です。

ですがあまりお金の事を知らずに、ローンを組んだり、保険に契約したりする人も多いです。

最近では老後2000万円が必要と言われて老後の人生設計を考える人も増えてきていますが、学生の時間のある時からお金の勉強をすれば、後々必ず役立つと思います。

お金の本に関しては沢山の本を読んできましが、あまり知識のない人にも分かりやすくてためになる本を紹介させて頂くので是非チェックして見てください。

いま君に伝えたいお金の話

新品価格
¥1,296から
(2019/12/22 21:49時点)

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はぼくの22年の経験で勝手に思った事を元に紹介しました。

現在学生の方や、自分がやりたい事や好きな事を見つけられてない人に少しでも実践して頂けたら嬉しいです。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら