ハワイ在住5年目が伝授! ハワイ旅行の際の時差ボケと対策法

ヨシマサ

こんにちは、ヨシマサです。今日はハワイに旅行に行く方に向けてハワイに行く際の時差ボケと対策について解説したいと思います。

ハワイ旅行で時差ボケになるの?

ハワイと日本の時差は19時間あるため、一般的に時差ボケになる人が多い場所として知られています。

時差ボケには個人差もあるので、全然平気という人もいれば、すごく眠くなったり体調が悪くなったりとする人もいます。

ぼくの場合は、ハワイに行く時は何もならないのですが、日本に帰ってくる際になる事が多く、日本に帰って来て数日間は夕方くらいにすごい眠くなってしまい、朝はすごい早く起きてしまいます。

ハワイに行く時

ハワイに行く時のフライトは日本を夜8時以降にでてハワイの朝に着くフライトが一般的です。

ハワイに到着してから時差ボケになる場合としては、ハワイに到着してから日中にすごく眠くなってしまい夜に眠れなくなる場合があります。

対策法

ハワイに行く際の時差ボケ対策として1番有効なのが、ハワイに行くフライトで良く眠る事です。

ハワイ便のフライトの中でしっかり眠らないと、ハワイに着いてから寝不足状態になってしまいます。

そのため、ハワイ便の中では映画を観るのはほどほどにして、しっかりと睡眠をすると良いです。

機内でぐっすり寝るためのアイテムとして、ネックピローやマスクを持ってくと良いと思います。

飛行機の中はかなり乾燥するので、喉ぬ~るマスクなどを持ってくと良いです。

マスクは空港の中にある薬局でも売っているので、フライト前に準備しておくと良いと思います。

またハワイに着いてからはアクティビィティなどを入れてなるべく、日光に当たる様にすると良いと思います。

着いた日は沢山動いて夜はぐっすり眠り生活リズムをしっかり作りましょう。

ハワイから日本に帰ってくる時

ハワイから日本に帰ってくる便は、ハワイをお昼すぎ2時くらいに出発して、日本に夕方から夜に着くフライトが一般的です。

ハワイから帰ってくる場合の時差ボケとしてよくあるのが、日本に帰って来てあまり眠れずに次の日の日中に眠くなってしまうケースです。

対策法

ハワイから日本に帰ってくるフライトでの中での対策法として、先ほど紹介した日本に行く際のフライトの反対で飛行機の中でなるべく眠らない事です。

日本に着くのは夕方から夜なので、日本へのフライトで沢山寝てしまうと、日本に着いた日の夜に眠れなくなってしまい、次の日に疲れが残ってしまいます。

そのため、日本に帰る飛行機の中では睡眠は程々にして、映画などを観て起きている様にしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? せっかくのハワイ旅行の限られた時間で時差ボケに悩まされるのはもったいないです。この記事を参考にして頂いて時差ボケ対策をして頂けたら幸いです。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら