アメリカ旅行で使って余った小銭はどうする?ハワイ在住5年目が紹介する余った小銭の使いみち

こんにちは、ヨシマサです。アメリカ本土やハワイに旅行に行った方で余った小銭の処理に悩んでいる人は多いと思います。

アメリカでは日本より紙幣の利用が多いと思いますが、紙幣は数字が書いてあって分かりやすいですが、小銭はどれがいくらかも難しいし、ついつい溜まっちゃうという人も多いと思います。

そこで今日はハワイ在住5年目のぼくがアメリカ旅行で使ったドルの小銭の有効な使い方を紹介します。

目次【ハワイ在住5年目が紹介する余った小銭の使いみち】

便利な機械 coinstar (コインスター)

アメリカ本土やハワイのスーパーにはよくこのような機械が置いてあります

これはコインスターという機械で、小銭を紙幣に両替してくれる便利な機械です。

ぼくもアメリカで生活していて紙幣はよく使うのですがお釣りの小銭は中々利用する機会が多くなくどんどん貯まってしまいます。

そんな時にこの機械を使うと紙幣に両替してくれるため、小銭が貯まってきたらスーパーに行って両替をしに行きます。

今回は実際にぼくが半年間くらいで貯まった小銭を両替していきたいと思います。

↑ちなみにぼくは日本でよく売っているボトルガムのケースに余った小銭を貯めています。

今日は小銭をボトルガムのケース一杯を両替するとどれくらいになるのかも検証してみたいと思います。

コインスターの使い方

先ずは画面をタッチするとこの様な画面に切り替わります

↑この画面は「コインの両替に手数料を11.9%頂きます」という確認です。

約12%は結構高いですが、小銭を貯めて置いても使い道が中々ないので了承して両替をしていきます。

確認したら画面右下の ”Accept”と書いてある緑のボタンを押します。

緑の確認ボタンを押すと下の様に画面が変わるので、実際に小銭を入れていきます

画面の下に小銭を投入する場所があるので、下の写真の様に小銭をどんどんトレーの上に乗せていきます

小銭を全部トレーの上に乗せたら下の写真の様に左の赤い所を上に上げて機械の中に小銭を投入していきます

小銭が機械に入っていくと、下の写真の様に画面で集計されたお金が計算されて表示されます

↑全部小銭を投入し終わったら、右下の” I’m done” と書いてある緑色のボタンを押します

そうすると下の写真の様に画面が変わりレシートの様な物が出てきます

ちなみに、うっかりアメリカの小銭の他に日本円や別の硬貨を入れてしまいましたが、下の小銭口から返却されました。

間違って日本円を入れてしまっても安心です。

機械からレシートの様な物を受け取ったら、そのレシートをそのお店のレジに持って行くと換金してもらえます。

ちなみにボトルガム一杯の小銭を換金した所、$13.54になりました。手数料の分もあったので正確には15ドル(1600)くらいでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?コインスターを利用すれば、アメリカ本土やハワイ旅行で残った小銭も紙幣に両替することが出来ます。

皆さんもアメリカ本土やハワイに旅行に行った際には利用してみると良いと思います。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら