[やる気アップ!] アメリカ在住9年目が紹介するモチベーションが上がる洋楽3選

こんにちは、ヨシマサです。突然ですが、皆さん音楽は好きですか?

ぼくは音楽を聴くのが大好きで、学校に向かう時やゴルフの大会に出る時はウォーミングアップの時に聴いたりしてモチベーションを上げていました。

ぼくの詳しいプロフィールはこちら

アメリカに来るまでは洋楽はあまり聴いていなくて日本の音楽(邦楽)ばかり聴いていましたが、今では洋楽も邦楽も大好きです。

そこで今日はアメリカ在住9年目のぼくがモチベーションが上がる洋楽を3曲厳選して紹介したいと思います。

目次【[やる気アップ!] アメリカ在住9年目が紹介するモチベーションが上がる洋楽3選】

[Am I Wrong]Nico&Vinz(ニコ&ヴィンス)

1番最初に紹介するのはアフリカにルーツを持つ、ノルウェー出身のラッパーデュオのニコ&ヴィンンスによる[Am I Wrong]という曲です。

2013年に発表されたこの曲は北欧で爆発的ヒットを記録し、アメリカビルボードでもランクインしました。

タイトルにもある”Am I Wrong?”は「自分は間違っているのか」という意味で、「大きい夢を掴むために頑張っている自分は間違っているのか?」と自問自答しながらも前に進む強さを歌っている歌です。

こちらのサイトで曲の和訳が載っているのでチェックしてみてください↓

Am I Wrong 和訳

2013年にノルウェイで開催されたノーベル平和賞の記念式典でも彼らはパフォーマンスをしています

[Congratulations]Post Malone(ポスト・マローン)

2019年9月に発売されて11月時点で北米アルバムの売り上げが約240万枚を記録し、今年アメリカで最も売れたアルバムとなっているのがポスト・マローンの”Hollywood’s Bleeding”です。

現在を代表するラッパーとして世界中で注目されている、ポスト・マローンが2017年に発表した[Congratualtions]を紹介したいと思います。

[Congratulations]は「おめでとう」という意味で、新星として一気に階段を駆け上ったポスト・マローンが「昔は自分がラッパーになる夢を周りの皆んなが笑っていたけど、今は掌を返しておめでとうと言ってくれる」という表現をしています。

サビに出てくる,

”I dreamed it all ever since I was young, They said I wouldn’t be nothing, Now they always say, “Congratulations”

俺は小さい頃からこうなる事を夢見てたんだ、周りのみんなは俺には無理だって言ってたけど今じゃ”おめでとう”と言ってくる

の歌詞がとても痺れます。

Congratulations 和訳はこちら

[Don’t Stop Believin’]Journey(ジャーニー)

続いて紹介するのが1970年代を代表するアメリカのバンド、ジャーニーから”Don’t Stop Believeing”を紹介します。

この曲を聴いたことがある人も多いと思いますが、なんといってもサビの, “Don’t Stop Believin’” (信じることをやめないで)という歌詞には元気をもらいます。

この曲のイントロが流れてからボーカルのスティーブ・ペリーの歌声が聴こえてくる所がとても好きです。

Don’t Stop Believin’の和訳はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は洋楽に限定し1970年代の曲から現在のラップソングまで幅広く紹介させていただきました。

この記事を見て洋楽に興味を持っていただけたら嬉しいです。

以前に洋楽を聴いて英語を勉強する勉強方法についても記事を書いたので合わせてチェックしてみて下さい↓

[英語の勉強が苦手な人必見!]アメリカ在住9年目の現役MBA学生が紹介する、洋楽を聴きながら楽しく英語を勉強する方法

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら