日本でもハワイ気分が味わえる♪ ハワイ在住5年目が紹介するハワイらしい曲7選

ヨシマサ

こんにちは、ヨシマサです。今日はハワイ在住5年目のぼくが、ハワイを感じられる曲を紹介させて頂きます。

ハワイが好きで日本にいながらハワイを感じたい人や、音楽を聴きながらドライブするのが好きな人にぜひ参考にしてもらいたいです。

[Better Together] Jack Johnson (ジャック・ジョンソン)

ハワイらしい曲と聞いてぼくが1番最初に思いついたのがジャック・ジョンソンです。

1975年にハワイ州オアフ島のノースショアに生まれました。ジャック・ジョンソンは小さい頃からノースショアの海でサーフィンをしていて高校生になる頃には、あのQuicksilver (クイックシルバ)社とプロ契約を交わすサーファーでした。

しかし、サーフィン中に大怪我をしてしまいプロサーファーとしてのキャリアを諦めることになりました。

しかし、サーフィンの代わりに音楽活動に力を注ぐようになり、シンプルで優しいアコースティクギターと歌声が人気になり、今ではサーフミュージックの第一人者と言える存在までになりました。

先日ブログの記事で紹介したローストチキンが絶品のMaui Mike’s (マウイ マイクス)にもジャック・ジョンソンが来店していた時の写真が飾られていました。

Maui Mike’s (マウイ マイクス)の記事をまだ読んでいない方はこちらの記事も合わせてチェックしてみて下さい

[ハワイグルメ] ハワイ在住5年目が教えるハワイの絶品チキン 〜マウイマイクス〜

[Somewhere Over The Rainbow] IZ (イズ)

ハワイのレジェンド歌手と言えば名前が上がるのがイズだと思います。

身長190センチ、体重400キロを超える身体からの優しい声はハワイ中で愛されていました。

イズという名前が広く知られていますが、本名はイズラエル (イズ) カマカヴィヴォオレです。

イズは1997年に38歳という若さでこの世をさりました。死因は肥満による呼吸不全だったそうです。

イズは生前から自分の体重の事も含めて、自分は長生きしないだろうと悟っていたそうで、「死を迎えるのは怖くない、だって僕たちハワイアンは、どちらの世界でも生きているのだから。だからそのときが来ても、どうか泣かないでほしい」と周りに言っていたそうです。

そんな彼の残してきた曲たちは今でも世界中で聴かれています。

[I’m Yours] Jason Mraz (ジェイソン・ムラーズ)

英語の勉強にもなる聴きやすい洋楽特集でも紹介した、ジェイソン・ムラーズです。

[洋楽を聞いて英語を覚える!] 初心者にオススメの聴き取りやすい洋楽6選

この曲の優しいメロディーと彼の声はハワイととてもマッチしています。

この曲のミュージックビデオはハワイで撮影されています。

この曲には、「今ある時間を思いっきり楽しもう」というメッセージが込められており、ハワイを感じられるドライブにも最適な一曲だと思います。

[Bubbly] Colbie Caillat (コルビー・キャリー)

カリフォルニア州マリブビーチ出身のコルビー・キャリーの曲はとても爽やかでオススメです。

女性版ジャック・ジョンソンと称される事もある彼女の優しい歌声とリズムがとても素敵です。

この曲は彼女の “Will you count me in” (私も入れてくれる)という言葉から始まるのですが、その雰囲気がとても素敵で好きです。

皆さんも聴いてみて下さい♪

[Hello -Reggae Cover-] Conkarah & Rosie (カンカラ アンド ロイジー]

この曲を聴いて「あれっ」と思った方は多いと思います。

そうです、この曲はかつてグラミー賞6冠にも輝いたイギリス出身の世界的なアーティストAdele (アデル) の “Hello” のカバー曲です。

オリジナルバージョンの”Hello” はアデルのシリアスな雰囲気の曲調と圧倒的な歌唱力で、すごい迫力のある曲になっていますが、このカンカラ アンド ロイジーによるレゲエカバーは雰囲気がガラッと変わっています。

なんと言ってもミュージックビデオから伝わる、音楽を楽しんでいる様子が素敵です。

おまけ [Stand By Me] Red Diamond Dogs (レッドダイヤモンドッグス)

おまけと言う事で、洋楽だけでなく日本の音楽 (邦楽)からもハワイらしい曲をピックアップして紹介したいと思います。

まず一曲目はレッドダイヤモンドドッグスによる曲、Stand By Me (スタンドバイミー)です。

レッドダイヤモンドドッグスと聞いても、「誰それ?」となってしまうかも知れませんが、歌声を聴いたらすぐに分かると思います。

このレッドダイヤモンドドッグスはExile のAtsushiさんをボーカルに迎えたバンドグループです。

この曲もミュージックビデオはハワイで撮影されており、ゆったりとしたメロディーとAtsushiさんの優しい歌声がハワイの雰囲気にぴったりです。

Atsushiさんは2016年から一時活動休止と音楽留学をしていましたが、その間にハワイにも滞在していたらしく、ぼくもそれくらいの時期にハワイの地元のスーパーでAtsushiさんを見かけたことがあります。

おまけ [Slow & Easy] 平井大 (ひらい だい)

もう1曲紹介するのが、平井大さんのSlow & Easy です。

幼い頃に祖母にウクレレをもらった事から音楽を始めた平井大さんはハワイアンミュージックにも影響されており、この曲はその魅力がいっぱいに伝わる1曲だと思います。

タイトルの Slow & Easyは「ゆっくり、気楽に」と言う意味で曲調やメロディーからもそのメッセージが伝わってきます。

またこの曲のミュージックビデオ (MV) もハワイで撮影されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?今日紹介した曲はとても優しいメロディーと歌声がハワイの雰囲気にぴったりの曲ばかりです。

日本でもハワイのゆったりさを感じたい方や音楽を聴きながらドライブに行くのが好きな方などはぜひ参考にしてみて下さい。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら