お金持ちは宝くじを買わない?! 現役アメリカ大学院生(MBA)の学生投資家が紹介する宝くじの仕組み

こんにちは、ヨシマサです。今日は宝くじについての記事を書きたいと思います。

「老後2000万円問題」や「消費税10%」など最近は何かとお金にまつわるニュースが多いですが、これからは[投資/お金の勉強]のコンテンツにも力をいれていき、記事を読んでいる皆さんと一緒にお金についての知識 (リテラシー)を高めていきたいと思います。

そこで今日はまずお金の勉強に対する興味を持っていただくために、宝くじについてお話したいと思います

目次【お金持ちは宝くじを買わない?! 現役アメリカ大学院生(MBA)が教えるお金の勉強の大切さ】

みんな大好き宝くじ

毎年夏休みや年末になると「1等3億円!! サマージャンボ」の様にテレビCMやニュースでも話題になります。

当たりやすい宝くじ売り場を探して買いに行く人や、毎年の恒例行事の様に宝くじを買っている人も多いと思います。

また1等の3億円が当たったら「ハワイに旅行に行く」や「仕事をやめて遊んで暮らす」などイメージして買っている人もいると思います。

そんな夢の詰まった宝くじですが「宝くじの当選金はどこから来てるのか」など宝くじの仕組みを知らずに買っている人も多いと思います。

先ずは簡単に宝くじの仕組みを紹介したいと思います。

宝くじの仕組み

宝くじの販売や運営は地方自治体によって運営されています。

宝くじを販売できるのは、それぞれの都道府県と定められた指定都市だと法律で決まっているため、一般の個人や会社が宝くじを販売する事は法律で禁止されています。

つまり、宝くじの売り上げや当選金などは全て地方自治体のお金 = 税金という事になります。

胴元の地方自治体が宝くじを売ってお金を集めて、宝くじの売り上げから当選者に当選金を払い、残りは税金として公共事業に使うという仕組みです。

そのため、宝くじを販売している胴元の地方自治体は当選本数などを調整してコントロールしているため、必ず胴元の地方自治体が儲かる仕組みになっています。

そんな宝くじの売り上げ(収益金)の使い道は下の図で説明されています。

引用元: 宝くじ公式サイト

宝くじの還元率

先ほどの図を見て頂けると分かる様に、宝くじの売り上げ100%の内、当選金として当選者に支払われるのは46.8%だという事が分かります。

この46.8%という数字は、ギャンブルや投資の世界では還元率という言い方をします。

この還元率とは「自分が投資したお金 (払ったお金)に対して戻ってくる金額の割合」を示した数字です。

つまり、宝くじの還元率が46.8%だとすると、1万円分の宝くじを買うと平均的に戻ってくるお金は4680円という事になります。

宝くじを買ったお金の半分以上のお金は販売者(地方自治体)に回収されて税金となってしまう訳です。

この還元率ですが、他のギャンブルと比べても圧倒的に低い事が分かります。

上の表を見てもらえると分かる様に、ラスベガスなどにあるカジノは還元率が宝クジの倍の還元率(約95%)があります。

還元率95%というのは、1万円を懸けると平均的に9500円戻ってくるという事です。

日本ではギャンブルのイメージが強い、パチンコや競馬などでも宝くじより遥かに高い還元率があります。

こうして見るといかに宝くじが当たらないかが分かります。

カジノやパチンコの中毒性などは無視して、お金を増やすギャンブルという観点だけで見ると、宝くじよりカジノやパチンコの方が効率が良い事が分かります。

宝くじのイメージに騙されている!?

なんとなく、パチンコや競馬や悪いギャンブルで宝くじはテレビCMもやってるし、みんな買ってるから良いギャンブルというイメージに騙されていませんか?

ちなみにジャンボ宝くじの当選確率は1000万分の1だそうです。

例えると、東京ドームの収容人数が4万5千人だとすると、東京ドーム222個にひしめき合う人の中から1人が選ばれのと同じ確率」との事です。

ビジネスで成功している起業家や投資家は還元率を見て物事を損得で評価する目を持っているので、宝くじを買わない人が多いそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?あまり宝くじの仕組みや還元率を知らずに、びっくりしている人も多いかもしれません。

しかし、宝くじの還元率が低いからと言って宝くじを買うのを否定している訳ではありません。

ぼくの家も年末になると毎年、年末ジャンボが家の神棚の所に置いてあります (笑)

お金を増やそうと思ってムキに宝くじを買うのは効率が悪いという訳で、「運試し」や「当たればラッキー」「夢を買っている」という娯楽の一種というスタンスで買っていくのが良いと思います。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら