[ハワイの治安] ハワイ在住5年目のハワイ大学生が教えるハワイの治安と観光客が気をつけるべき事

こんにちはヨシマサです。最近はハワイ旅行人気がまた出てきて、ワイキキやアラモアナ周辺を歩いていると、日本人観光客をよく見かけます。

ハワイに旅行に来る人やハワイへの移住を考えている人からして、ハワイの治安は気になる所だと思います。今日はハワイ在住のぼくから見たハワイの治安と観光客が気をつけるべきことについてお話ししたいと思います。

ぶっちゃけハワイの治安はどうなの?

ハワイは「全米TOP3に治安が良い街」として知られています。ハワイ州は銃規制も厳しく犯罪率も低いです。ぼくも現在ハワイ5年目ですが、今まで大きなトラブルに巻き込まれた事はありません。(完全に自分の不注意で自転車を盗まれた事はあります 笑 )

しかし、これはアメリカの中での話しなので、日本と比べてみるとまだまだ治安が悪い所もあります。特に最近では日本人の観光客を狙った事件も起きていると聞きます。なのでハワイ州の治安は「アメリカの中では良い方だけど、日本と比べたら良くない」といった感じですね。

 

気をつけるべき事 1: 置き引き

まずハワイで1番気を付けないと行けないのが置き引きです。ハワイ旅行で観光客の方がよく行くのが「ビーチ」だと思います。しかし、ビーチにも観光客を狙った置き引き犯がいる事があります。ビーチでの場所取りに私物を置いて行ったり、ビーチに私物を置きっぱなしにして泳ぎに行くなど、手荷物から離れるのは危険です。

ビーチで遊ぶ場合は貴重品や大きな荷物はホテルに置いてきたり、ビーチの中にホテル宿泊者しか入れないエリアを設けているホテルもあるので、そういう場所を利用すると良いでしょう。

気をつけるべき事 2: ワイキキでのストリートパフォーマンス

ワイキキを歩いているとよくストリートパフォーマンスを見かけます。よくあるのがダンスパフォーマンスやオウムを肩に乗せたおじさんです。

こういった人達全員が危ない訳ではありませんが、中には写真を撮ったりすると、撮影料として高額なお金を要求してくる人もいます。

写真を撮る事自体はいけない事ではないので、もし写真を撮りたい場合は写真を撮ってチップで1$くらい払ってその場を離れましょう。 もし、「もっと欲しい」と要求してきても、払う義務はないので払わなくて大丈夫です。

気をつけるべき事 3: ホームレス

あまり想像が出来ないかもしれませんがハワイにはホームレスが沢山います。ハワイでの人口に対するホームレスの割合はアメリカでもトップクラスに多いです。

特に日本と違って気をつける点は、日本のホームレスはこちらが何も危害を加えなければ、ホームレス側から何かしてくる事はあまりないと思いますが、ハワイのホームレスは薬物 (ドラッグ) 中毒の人も多いため攻撃性の強い人が多く、何か叫びながら歩いている人や向こうから積極的に話しかけてくる人もいます。

ワイキキではあまり見かけませんが、アラモアナやカカアコ等に行く事があって、もしホームレスの人を見かけても目を合わせずになるべく近付かないようにして下さい。

気をつけるべき事 4: 強盗、暴力

最近増えてきているのが、夜間や人のいない公園などでの観光客をターゲットにした強盗や暴力です。犯人は観光客を見分けてターゲットにしているので注意しなければいけません。

ワイキキなど日中は賑やかな所でも夜遅くになると酔っ払いの人も増えてきます。夜間に1人で歩くことや、人通りの少ない所を通ることは避けましょう。

気をつけるべき時間帯

11時以降

こういった事件が最も多く起きる時間帯が深夜です。特にワイキキでは夜の11時を過ぎると、ほとんどのお店が閉まってしまい、雰囲気がガラッと変わります。夜間の外出は出来るだけ避け、グループで行動するようにしましょう。

早朝

最近では早朝にジョギングをしている人を狙った被害も発生しています。ワイキキでも比較的人が少ない早朝はなるべく1人での外出を避けたり人通りのいない所は行かないようにしましょう。

特に気をつけるべき場所

アラワイ運河沿い

日中はジョギングコースとしても人気のアラワイ運河沿いですが、夜になると人通りも少なくなり、多くのホームレスが居座ります。夜間には近付かないほうが安全です。

クヒオ通り

最近はインターナショナル・マーケットプレイスなど新しいショッピングセンターやレストラン、またはホテル等も建ち、雰囲気も明るくなったクヒオ通りですが、ワイキキのメインストリートのカラカウア通りから1本入っている事もあり、いまだに怪しいバーやクラブもあります。夜になると酔っ払いの人も増えてくるので注意が必要です。

ダウンタウン/チャイナタウン

あまり観光客の中でこちらのエリアに来る人は少ないかもしれませんが、こちらのエリアはとにかくホームレスが多いです。銃やナイフなどによる事件も起きているので、行く際は必ず昼間に行くようにして人通りの多い場所を歩きましょう。

公衆トイレ

公園やビーチパークにある公衆トイレは誰でも利用できる反面、ホームレスの人がいたりもします。特に夜間の利用は気をつけるべきですが、日中であっても気をつけて下さい。

ザ・バス

オアフ島の唯一の公共交通機関の「ザ・バス」ですが、たまにホームレスや危ない人が乗車している時があります。今では旅行会社のトロリーも増えてきているので、観光客の人はあまり利用する事がないかもしれませんが、もし利用する際は、荷物をしっかりと持って乗車中は自分の荷物から目を離さないようにしましょう。

まとめ

これまでいくつかハワイ旅行で気をつけるべき事や場所などを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

こうして見ると、とても危険な場所に感じるかもしれませんが、自ら危ない場所に行ったり、夜間に1人で出歩いたりしなければ問題はないと思います。

ですが、せっかくのハワイ旅行でトラブルに巻き込まれてしまうと旅行自体が台無しになってしまうので、旅行前にこの記事に目を通していただいて、頭の片隅に入れて置いていただけると良いと思います。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( ◠‿◠ )。

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら