ハワイに台風や地震は来るの? ハワイ在住5年目の現役大学院生が教えるハワイの自然災害事情

こんにちは、ヨシマサです。このブログを書いている現在(20191012日)日本では台風19号が来ており、千葉、埼玉の関東圏を中心に被害が出ております。

この記事を見て下さっている皆様の無事を祈っています。

そこで今日は、ハワイの自然災害について記事を書きたいと思います。

目次【ハワイ在住5年目の現役大学院生が教えるハワイの自然災害事情】

ハワイでの台風

ハワイ(アメリカ)では台風の事をハリケーンと呼びます。

日本では夏から秋にかけて頻繁に起こる台風ですが、ハワイにハリケーンが直撃する事は滅多にありません。

1949年から2019年現在までに、ハワイ、オアフ島に直撃したハリケーンの数はたったの4つだそうです。

同じ期間でも日本には約200の台風が日本に直撃しているので、この数字を見ると圧倒的にオアフに直撃する台風は少ないことが分かります。

ハワイの台風対策

ハワイには台風が滅多に来ることがないので、日本に比べて台風対策はあまりされていません。

20188月にオアフ島にハリケーン「レーン」が接近してきました。

ぼくもその当時はハワイにいたのですが、直撃すれば26年振りだと言う事で、ホノルルはパニックになっていました。

オアフ島の学校はハリケーン「レーン」が急接近すると思われる日から3日間休校になり、アラモアナショッピングセンターやスーパーも2日間閉店していました。

オアフ島に住んでいる人たちも、ハリケーンの経験がないのでパニックになっていて、スーパーのお水や食料品はすぐに売れ切れになりました。

ハワイは日本に比べると台風(ハリケーン)が発生する事はほとんどないですが、その分対策や免疫がないので、すぐに街として機能しなくなります。

ハワイでの地震

日本に住んでいて、1番怖い自然災害が地震だと思いますが、ハワイのオアフ島には地震はほとんど来ません。

気付かない程度の小規模の地震はオアフ島にも来る事はあるそうですが、ぼくがオアフ島に5年間住んでいて、地震が来た覚えはありません。

キラウェア火山などたくさんの活火山があるハワイ島では火山地震がたまにあるそうです。

ハワイ島で起きた直近の大きな地震は2006年のマグニチュード6.7相当の地震だそうです。

地震に関しては、オアフ島は安心と言えます。日本では、南海トラフ地震を含めて、大きな地震が来ると言われています。

最近では、地震の避難先として日本からハワイに移住してくる人も増えてきているそうです。

ハワイでの洪水

ハワイに住んでいて1番身近な災害は洪水です。

ハワイでは11月から4月くらいまでが比較的雨の多い雨季とされていて、この時期になると、スコールの様な短期間で大雨が降るケースがあります。

また日本より、道路などのインフラストラクチャー(インフラ)が整っていないので、少し大雨が続くとすぐに浸水などの被害が出てしまいます。

ワイキキやアラモアナの観光地はかなり整備されて来ているので、少しの雨でも大丈夫ですが、少し離れたローカルの人たちが住んでいる所では、洪水による浸水被害や土砂崩れの頻度が高いです。

ぼくの肌感覚ですが、3ヶ月に1回くらいは洪水警報が発令されています。

ハワイでの噴火

ハワイと聞くと、ハワイ島のキラウェア火山などから噴火をイメージする方もいるかと思いますが、オアフ島に関して言うと火山の心配はほとんどありません。

オアフ島はハワイ島から約400km (東京大阪くらい)離れているので、ハワイ島で噴火があったとしても、オアフ島への影響は皆無です。

ハワイ島ではキラウェア火山を含め、他にも沢山の火山があるので、噴火被害はあります。

実際に20185月にもキラウエア火山が噴火し、溶岩が噴出しました。周辺住民も避難を余儀なくされ、年間に200万人以上の観光客が訪れる、「ハワイボルケーノ国立公園」も閉鎖されてしまい、経済的にも大打撃を受けました。

その2018年のキラウエア火山の噴火もオアフ島には全く影響は無かったのでオアフに旅行に行く方の噴火被害のリスクはありません。

まとめ

いかがだったでしょうか? ハワイオアフ島は自然あふれる島ですが、日本に比べると自然災害のリスクは低いです。

ハワイへの旅行を計画されている方は、この記事を見て頂いて参考にして頂けると幸いです。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら