Can you~? May I~? 人に尋ねる時に使う英語をアメリカ在住9年目が紹介

こんにちは、ヨシマサです。アメリカ本土やハワイに旅行に行った際に現地のレストランやホテルで何かお願いをする時にどういう風にお願いすれば良いか困りませんか?

日本の学校では、Can I ~やMay I ~など色々なフレーズを習いますが実際どれを使って良いか分からない。

今日はアメリカ在住9年目のぼくがそれぞれの使い方や違いを紹介していきます。

目次【人に尋ねる時に使う英語をアメリカ在住9年目が紹介】

Can,May,Couldの違い

様々なお願いの仕方を紹介する前によく疑問に思う、Can, May, Could, の違いについて紹介します。

簡単にいうと、尋ねるときの丁寧さが違います。

友達同士で使う場合や学校の先生などに使う場合など会話する相手によって使い分けます。

下の図を見て下さい↓

上に行くほど丁寧な良い方になり、下に行くほどフレンドリーな言い方になります。

この違いを踏まえた上でこれから紹介する様々なお願いや尋ねる時に使う英語のフレーズを見てください。

Can(May,Could)I~?

日本の英語の教科書でもよく出てくる、Can I~ ?ですが、I ()が主語になるので、「自分が~して良いかと?」と聞く時に使います。

Can(May, Could)I~?を使った例文

Can(May,Could)I~?を使うシチュエーションとして多いのがレストランでの注文の時です。

例えばチーズバーガを頼みたい時は、”Can I have a cheeseburger?” と頼みます。

ここで、レストランはCanよりも丁寧なMayを使わないのか?と思う人もいるかと思いますが、そのレストランの雰囲気によります。

アメリカンダイナーな感じのカジュアルなレストランなら、店員さんもフレンドリーな感じで接してくれるので、Can を使えば大丈夫です。

ドレスコードがあるようなフォーマルなステーキハウスなどに行く場合は、Can よりもMayCouldを使った方がその場所に適していると言えます。

Can(Could,Would)you~?

こちらもCan I?同様によく使われるフレーズですが、Can you~?の場合は、you (あなた)が主語なので、〜して下さいとお願いする時に使います。

Can(Could,Would)you~?を使った例文

例えばホテルにチェックインをした際にスーツケースをお部屋まで運んで欲しい時は、”Could you bring my suit case to the room?” と言います。

この場合はホテルのスタッフにお願いをするので、Couldを使うのが良いと思います。

応用編(ネイティブがよく使うフレーズ)

Can(May,Could)I~? と、Can(Could,Would)you~?を知っていれば、ほとんど問題ないと思いますが、応用編として英語の教科書ではあまり出てこないネイティブがよく使うフレーズを紹介します。

I was wondering if ~

I was wondering if ~ はソフトに「〜はいかがですか」と尋ねる時に使います。

聞く時にwas を使い過去形で聞く事で直接的な言い方を避け、ソフトな言い方になります。

I was wondering if ~ を使った例文

“I was wondering if you could take me to the airpot.” (空港まで送ってもらう事はできますか?)

ここでのポイントは過去形で聞いているために、canではなくcouldを使う事です。

Is it okay (possible) to ~

こちらもよくネイティブに使われる言い方です。

Is it okay to ~ は「~してもオッケーですか」という意味です。

Okayの代わりにもっとフォーマルに聞く時はpossibleを使います。

Is it okay (possible) to ~を使った例文

“Is it okay to use your pen?” (あなたのペンを使っても良いですか?)

Is it okay to~は特に難しい単語や言い回しを使わないので、この形を覚えてしまえば簡単に使う事ができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?お願いや何か尋ねる時に使われる言い方はいくつかありますが、こうして見るとパターンさえ覚えてしまえば使うのはそんなに難しくないと思います。

先ずは色んなパターンを形で覚える事を意識して積極的に使ってみましょう。

記事を見て頂いてありがとうございます。個人的なハワイ旅行に関する質問、ハワイの生活やアメリカ留学に関する質問がありましたら、お気軽にブログの「お問い合わせフォーム」かツイッターのDMにメッセージ下さい( )

お問い合わせはこちら

twitter(ツイッター)はこちら